目指すはねずみ駆除が必要ない環境!

衛生面に要注意!安全な死骸処理の仕方とは 衛生面に要注意!安全な死骸処理の仕方とは

ねずみとの共存は避けられない~その中で出来るねずみ対策~

ねずみは私たち人間と同じ生活圏内にいる動物なので、共存を避けることは難しいです。そのため、ねずみの被害に遭わないようにするためには、できる限りの対策を実施していくしかないのです。

ねずみが来る原因

ねずみ

そもそも、なぜねずみが人間の住宅にやってくるのかというと、それはねずみにとって住み心地のいい環境であるからでしょう。エサの確保は容易で雨風を凌げ、外敵も少ないとくれば好んでやってくるというわけです。特に、生ゴミや食べカスをそのままにしているような家は、ねずみにとって確実に食べ物に困らない離れがたい場所と言えるでしょう。

まずはねずみを寄せつけない工夫

ねずみと人間は、共存せざるを得ないと言えます。しかし、人間が少し工夫をすることで、ねずみを寄せ付けないようにすることは可能なのです。

食べ物の管理
まず、ねずみが容易にエサを確保できないような環境にすることが大切です。生ゴミは蓋つきのゴミ箱に捨てる、食べカスはすぐに処理するということを徹底しましょう。また、開封済みの食品やペットフードなども、可能な限り密閉容器で保存してください。
古雑誌などの処分
古雑誌やダンボールの保管にも気を付けましょう。紙ごみ類は、ねずみの巣材となるのです。また、洋服や雑巾なども当然巣材となりますので、持っていかれることがないように気を付けてください。また、しまったままになっている布団や洋服がある場合にも、ねずみに持っていかれやすいので要注意です。
隙間をなくす
ねずみの侵入口となりやすい箇所に蓋をしてしまうことも有効です。排水溝や通気口は特に経路となりやすいので、金網などで通過できないようにしてしまいましょう。この際、ねずみがかじることのできない、金属系の素材を使用するのがポイントです。

ねずみの嫌いな環境を目指す

ねずみを寄せ付けないためにはエサや巣材となるものを徹底的になくし、住みづらい環境にすることが大切。またそれ以外にも、ねずみが嫌うものを置いておくというのもいいです。例えばハッカやワサビ、クスノキ成分入りの防虫剤などはねずみが苦手とする匂いです。侵入となりそうな場所にこれらの匂いを付けておけば、いい対策になるでしょう。

TOPボタン